自分だけのオリジナルスーツケース

去年の春に生まれ故郷から転勤で石垣島に引越してきました。引っ越す際、今まで持っていたスーツケースでは大きさが足りない事に気付き、大きいスーツケースを買いました。石垣島まで飛行機で移動でしたが、荷物がベルトコンベアで流れて出てくる際に全く同じ柄の方がいて危うく間違う所でした。スーツケースの取り間違いは良く起こるそうです。

特に黒色のスーツケース、私はまさに黒色でした。本当はもっと色々検討してスーツケースを購入したかったのですが、引越し準備で大慌てで選ぶ余裕がありませんでした。これから帰省で良く飛行機を利用する事になるので、自分色のスーツケースにカスタマイズしようと考えました。まずは良く利用する飛行機会社のタグをつけました。そして今住んでいる石垣島は周りにも沢山の離島が存在し船で行き来が出来ます。休日に別の離島に遊びに行った際にステッカーを購入しています。そしてスーツケースにペタペタと貼っています。すると地味だった黒のスーツケースが誰のよりも目立つ位ピカピカにシールだらけになりました。

夫婦で同じ所に同じ内容のシールを張っているので、ベルトコンベアで遠くから流れてきても一発でわかります。すごく派手なスーツケースになりました。ちなみに今貼っているシールは石垣島、宮古島、黒島、与那国島、西表島のシールです。帰省する度にシールが増えているので両親にはどこまで派手なスーツケースになるのか?と笑われています。

後一つ夫婦の楽しみがあります。飛行機が着陸した際、貨物室から荷物を出しているのですが席によって荷物の出し入れが見える事があります。見える時は最後まで下りないで私達の荷物が出てくるのを見届けています。窓から見つめているとピカピカのシールだらけのスーツケースが取り出されます。遠くからでも自分のだって分かります。ちゃんと運んでくれた事、派手である事に安心と何故か笑ってしまう気持ちで飛行機を後にしています。

この1年で沢山飛行機にも乗りスーツケースにも沢山の傷がつきました。だけどそれだけ空を飛んで旅をしている証拠なんだなと思っています。これからも新しい土地に旅行にいったらステッカーを購入し私だけのスーツケースを作っていきたいと考えています。

スーツケースを買うのはちょっとという方は、レンタルしても良いと思います。スーツケースレンタル料金の比較して、格安で借りられるスーツケースレンタルショップを探してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です